枕は長く使われる傾向に 天日干しだけではなく洗った方がいい!

写真拡大 (全3枚)

 たいていの人は寝る時に枕を使っていると思うけど、みんなは同じ枕をどれくらいの期間、使っているのかな? ドウシシャ(大阪)が一般男女2615人を対象に実施した「枕の使用状況と衛生管理」に関するアンケートによると、使用年数平均は3.9年となった。

 もう少し詳しくみると、「4〜5年」が最多で26%、「5年以上」という回答も11%で、37%の人が4年以上使用! 枕は比較的長期間使われる傾向が読み取れる。また、「枕を買い替えようと思う時」の質問では、「汚れているなと感じた時」が最多で半数以上の人が挙げていた。以下、「高さや固さが合っていない時」、「ぐっすり眠れないと感じた時」と続いている。安眠を得るには、“フィット感”が大切と思われるが、それよりも“汚れ”を重視する傾向が強い。「枕を清潔に保つために気をつけていること」では、「天日干し」、「枕カバーの洗濯・交換」、「タオルを巻く」などの定期的なケアをしているという意見が多かった。

 ドウシシャでは、アンケートと合わせて、「使用中枕のたんぱく質付着の薬品試験」を用いて「枕の衛生管理」に関する調査を実施。それによると、3カ月以上洗わずに使用している枕をサンプルにたんぱく質(フケ、皮膚の脱落片、垢など)汚れの検出試験を行ったところ、カバーを外した状態でも枕表層全面にたんぱく質汚れが検出された。

 枕は、カバーの取り替えや天日干しだけでは「清潔さ」を十分に保てない! たまには、洗った方が良さそうだ。