優勝者は全米アマゴルフの予選へ 往復航空運賃を主催者が全額補助

写真拡大

 優勝者は全米アマチュアゴルフ選手権、全米女子アマチュアゴルフ選手権の予選に出場でき、米国までの往復航空運賃が全額補助される「FUTURE」カップ カレッジ&アマ日本選手権の予選が8月30日から全国各地で開かれる。大学生の部、アマチュアの部のそれぞれ男女で争い、予選を勝ち抜いた選手による決勝大会は12月2、3の両日、栃木県のロイヤルメドウゴルフ倶楽部で行われる。日本ジュニアゴルフ協会(JJGA)のホームページで「マイページを登録」し、そこから出場を申し込む。

 予選は8月30日の立川国際カントリー倶楽部(東京都)を皮切りに、10月30日のベルセルバカントリークラブ(栃木県)まで13会場で実施。9月22日のアイランドゴルフリゾート三田(兵庫県)までの8会場は、8月18日までに申し込む。10月中に行われる5会場は9月1日が締め切りになる。競技方法は18ホールストロークプレー。エントリー費は1会場5000円(プレー費別)で、複数エントリーが可能。決勝大会は2日間、36ホールストロークプレーになる。大学生の部は、18歳以上で大学、大学院、短期大学、専門学校に在籍し、アマ資格を有する男女。アマの部は、18歳から30歳までのアマ資格を有する男女。各部門、計4人の優勝者には、主催者が全米アマ選手権予選のエントリーを代行し米国往復の航空運賃を全額補助する。