国防委員会全体会議で発言する宋長官=14日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は14日の国会国防委員会の全体会議で、北朝鮮が発表した米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画について「(実行の)可能性は非常に低い」との見方を示した。韓米間の軍高官の緊密なやりとりからそのように判断していると説明した。

 無所属議員から「それでもグアムに対する攻撃が行われる可能性があるのではないか」と問われると、「極端(な話)だ」と答えた。

 一方、宋長官は北朝鮮のグアム攻撃能力について「額面通りには信じられないが、距離上は可能だ」と述べた。

 北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の大気圏突入については「確実に成功したと保障できない」とし、北朝鮮の核兵器の小型化については「(韓国軍は)認めていない」と説明した。