「全米プロゴルフ選手権」で優勝争いに加わりながらも惜敗を喫した松山英樹が、1月に入籍していたことと7月に第一子が誕生していたことを発表した。
【関連動画】元世界ランク1位のジェイソン・デイが語る松山の強さとは?「ヒデキは弱点を強みに変えた」
松山はマネジメント事務所を通じFAXにて、「私事で大変恐縮ではございますが、かねてから交際しておりました一般女性と今年1月に入籍いたしました。また、7月には第一子が無事誕生いたしましたことをご報告させていただきます」と発表。「妻は一般女性であり、出産前後の母子のプライバシー、および安全を考慮いたしまして、このタイミングでのご報告となりました事をご理解いただければ幸いです」とこの時期の報告となった理由を説明した。
「結婚し、子供が生まれての世界ゴルフ選手権ブリヂストン招待での優勝は一際嬉しかったです。まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせ、目標を達成するために努力してまいります。今後とも皆様のご支援、ご声援を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます」と今後の飛躍を誓った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹メジャー初制覇の夢は来季に!【全米プロ最終日フォトギャラリー】
松山英樹は、いつ負けたのか 悔し涙の本当の意味 【舩越園子コラム】
松山英樹は涙の敗戦に「気持ちの部分ももっと成長しないといけない」
5位終戦の松山英樹「何をすれば勝てるのか分からない」一問一答
松山英樹 入籍発表!プロゴルファーの結婚エピソード一覧