元アーセナルのデニス・ベルカンプ【写真:Getty Images】

写真拡大

 英メディア『BBC』は、プレミアリーグの創設25周年を記念してリーグ史上の「ベストゴール」を選出するユーザー投票を行い、13日にその結果を発表した。

 イングランドのトップリーグであるプレミアリーグは1992年に、従来の1部リーグ(ディビジョン1)を改革し発展させる形で設立。昨シーズンまでの25年間で9746試合が行われ、25769点のゴールが記録されていた。

『BBC』では、その全ゴールの中からベストゴールを決定するためユーザー投票を実施。25シーズンのそれぞれから年間ベストゴールを候補として選んだ上で、5年ごとのベストゴールを決定する5つの投票を行い、そこで選ばれた5つのゴールからさらに25年間のベストゴールを決定する投票を行った。

 最終的にベストゴールに選ばれたのは、アーセナルで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプが2002年のニューカッスル戦で記録したスーパーゴール。ペナルティーエリア手前でボールを受け、反転しながら絶妙なファーストタッチで自身の背後にボールを通して相手DFをかわし決めたゴールだった。

 ベルカンプのゴールは最終投票で31%の得票数を獲得。2位にはリーズのトニー・イエボアがウィンブルドン戦で決めた巧みなコントロールからの強烈ミドル(1995年)、3位にはマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーがダービーマッチで決めたオーバーヘッドキック(2011年)が続いた。

text by 編集部