環球網は14日の記事で、海外メディアの報道を引用し、中国が核兵器の超大国化に向けまい進していると伝えた。写真は中国海軍。

写真拡大

中国メディア・環球網は14日の記事で、海外メディアの報道を引用し、中国が核兵器の超大国化に向けまい進していると伝えた。

ロシア・ズヴィズダー(Zvezda)は記事で、中国の大陸間弾道ミサイルDF-41の飛行距離が1万4000キロに達するため地球のあらゆる地点を狙い撃ちで切ると指摘。現在開発が進められている新型の潜水艦発射弾道ミサイル「巨浪−3(JL−3)」に加え、米国の専門家は「中国は防衛力も高めている。すでに核兵器に対し一撃で壊滅されないだけの力を持っており、これは中国が核兵器で反撃するために必要な最後の一歩」と分析している。

記事では、「核攻撃に耐えられ反撃できる能力は、軍事分野において超大国となる重要な要素の1つ。中国の本当の実力を正確に推し量ることはできないが、DF-41に似たミサイルを持つ国は米国とロシアのみで、このミサイルに対応できる手段を持つ国は存在しない。現在、核戦略の三本柱(大陸間弾道ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイル、戦略爆撃機)の条件を満たす国は米国とロシアしかいないが、中国は核戦略の三本柱の整備を進めている」と報じた。(翻訳・編集/内山)