ビジャレアル、シメオネ構想外のビエットに照準か

写真拡大

▽ビジャレアルが、アトレティコ・マドリーのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(23)の獲得を考えているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

▽2015年夏にビジャレアルから加入したビエットだが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンや、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスらからポジションを奪うことができず、公式戦28試合の出場に留まった。セビージャにレンタル移籍した昨季は、リーグ戦21試合の出場で6ゴール3アシストを記録するなどまずまずの成績を残したものの、リーグ後半になるにつれて出場時間が減っていった。

▽そんなビエットは、今季もディエゴ・シメオネ監督の構想には入っていないようで、マルセイユやサウサンプトン、バレンシアなど国内外から関心が寄せられる中、2014-15シーズンに在籍していたビジャレアルが獲得に動くという。

▽伝えられるところによると、レンタルでの獲得を望むビジャレアルに対し、アトレティコ側は1月に選手の登録禁止処分が解かれることを見越して、契約に買い取りオプションを付随させたい模様。両者の間には微妙なギャップがあるようだが、果たして…。