第2シードの島袋将(早大2年)がオールストレートの完全優勝 [インカレ]

写真拡大 (全4枚)

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3〜5日、本戦8月7〜14日/ハードコート)の本戦8日目/最終日、8月14日は男女シングルスと男女ダブルス決勝が行われ、男子シングルスは第2シードの島袋将(2年)が第5シードの三好健太(4年)との早大対決を制し、優勝を飾った

◇   ◇   ◇

 ベスト8に6人を送り込んだ早稲田大は、ベスト4を独占。そこから決勝に勝ち上がったのは島袋と三好だった。2年と4年。第2シードと第5シード。決勝に相応しい激しい打ち合いとなったが、ゲームを支配していたのは常に島袋だった。

 切れ味の鋭いショットで三好を攻め立てた。「相手は4年生で最後のインカレ。リードしていても、いつギアを上げてくるかと気は抜けなかった」と島袋が言う。第1セットを6-2で先取すると、第2セットも2-2から一気の4ゲーム連取で優勝を飾った。

「地元の岐阜でインカレに優勝できたことを誇りに思います。最初と最後は少し緊張しましたけど、落ち着いて戦うことができました」と島袋。初戦の2回戦から決勝までオールストレートの完全V。昨年は初戦の2回戦で敗れ、「今年は何としてもリベンジしたかったので本当にうれしい」と笑顔を見せた。

(写真)攻撃的なテニスでVの島袋

「スピードが違った。(ボールの)回転量がすごくて打ち返せなかった」と三好。3回戦から岩崎歩(4年)、小林雅哉(2年)、田中優之介(1年)、郄村佑樹(2年)と早大対決をことごとく制してきたが、最後の島袋は今までの誰よりも強かった。

 最後のインカレ「勝っても負けても悔いのない試合をしたい」と言い続け、堂々の準優勝。それでも、悔いなく終われたかという質問には「やっぱり悔しい。もうちょっとやれたという気持ちが強いです」と正直に語った。

(写真)準優勝に終わった三好

 第1シードの逸崎凱人/畠山成冴(慶應義塾大3年/3年)と予選から勝ち上がった河野優平/坂井勇仁(早稲田大4年/3年)のダブルス決勝は、河野/坂井が3-6 6-3 10-0で優勝。逸崎/畠山の2連覇を阻み、初優勝を飾った。

(写真)河野(右)/坂井が予選から頂点へ

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、男子シングルスで優勝を飾った瞬間の島袋将(早稲田大2年)