大分県佐伯市発の万能調味料「ごまだし」があればうどんが何杯でもイケる!

写真拡大 (全9枚)

“うどん文化”の関西に育った筆者にとって、うどんはソフルフード。ごはんを作るのは面倒くさいけど、コンビニ弁当の気分じゃないとき、冷凍庫にストックしているうどんをヒガシマルのうどんスープで食べるのがお決まりのパターンです。

そんな筆者が以前から気になっていたのが、「ごまだし」を使ったうどん。どんなものなのかよく知らないものの、大分県出身のとあるお笑い芸人さんがTwitterで「ごまだしうどん」についてつぶやいているのを見かけて以来、興味津々だったのです。

そこで、今回は漁村女性グループめばるの「ごまだし」をお取り寄せして、念願のごまだしうどんを作ってみました!

■白身魚の「エソ」とごまを使ったペースト状の調味料

ごまだしは、大分県南部に位置する佐伯市の代表的な郷土料理です。底引き網漁で年間を通して獲れる「エソ」という白身魚の焼いた身をほぐし、みりん、醤油、砂糖とたっぷりのごまを加えてペースト状にしています。

かつては各家庭で手作りされていたのですが、いまでは市販品が多く発売され、冷蔵庫に常備されているのだとか。

このごまだしを全国区の調味料にしたのが「漁村女性グループめばる」です。漁師町である鶴見の漁師の奥さんたちで組織されるこのグループが作るごまだしが、いまやさまざまなメディアでも紹介される存在になったそうです。

 

■素うどんにかけるだけで「ごまだしうどん」が完成

それではさっそくごまだしううどんを作ってみたいと思います。

まずは好みの硬さに茹でたうどんを器に盛ります。そこに、大さじ山盛り1杯のごまだしをのせましょう。続いて、うどんが浸かる程度の量のお湯を注ぎ、ネギやかまぼこなどの具をのせれば完成です。今回は家にあったネギとわかめをのせてみました。

よくかき混ぜて食べてみると……ごまの風味だけでなく、エソだと思われる魚の風味が口いっぱいに広がります! まるで煮干しがそのまま入っているような、強烈なまでの魚の味です。とはいえ、同社のごまだしには新鮮な魚が使われているので、生臭さは一切ありません。

みりん、醤油、砂糖がベースの味付けなので、少し甘辛くて、九州のうどんらしい感じもします。外食ではなく、家庭の味です。とにかく簡単に作れるファストフード的な感じも気に入りました。

■いろいろなおかずにごまみそを活用しよう

今回、エソを使用したものだけでなく、タイを使ったごまみそも食べてみたのですが、こちらはエソに比べるとマイルドな味わいです。同じ魚であってもここまで味わいに違いが出るものなんですね。

せっかくなので、タイのごまみそを冷奴に、エソのごまみそをゆがいた小松菜に載せて食べてみました。これだけで立派な一品に早変わりしてくれます!

ほかにも、お茶漬けに少し加えてもいいですし、おにぎりの具にしても相性が良さそうです。生クリームとオリーブオイルを加えて、バーニャカウダのソースとして使うのもおすすめ。アンチョビ感覚で使うこともできるんですね。

漁村女性グループめばるでは、タイだけでなくアジを使ったごまだしもあるので、いろいろなごまだしを食べ比べてみるのも楽しそうです。

■トースト×魚の新体験「パンdeごまだし」

今回、3本セットを注文したのですが、残る1本はなんとパンに塗るスプレッドタイプの「パンdeごまだし」。

通常のごまだしに比べ、少しとろりとしています。これは、ごまだしにオリーブオイルと豆乳が加えられているからなんです。さらに、大豆とニンニクも入っていて、かなり洋風な雰囲気。

パンに塗ってトーストするだけで、ごまだしトーストの完成です。

少し焦がしてしまったのですが、その焦げている匂いも食欲をそそるんです! ひと口食べてみると、しっかり魚とごまの風味がします。トルコ名物・パンに焼き鯖を挟んだ「サバサンド」をかつて食べたことがあるのですが、パンと魚って意外と合うんですよね。

パンdeごまだしは、ごまだれよりもまろやかですし、野菜をディップして食べたり、少し酸味を加えてサラダのドレッシングに活用したりするのも良さそう。上手く使えば、パスタソースにも応用できそうです。

今回は「楽天市場」で3本セットを3000円で購入しました。「無印良品」の「諸国良品」というカテゴリでも販売されており、こちらはエソ、タイ、アジの3本セットが2700円となっています。

佐伯市では昔から食べられているごまだれは、佐伯名物として町おこしにもひと役買っているようです。あなたもごまだしを食べて、町おこしに参加してみませんか?

>> 漁村女性グループめばる

 

(料理・写真・文/今西絢美)

いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。