リヴァプールMFジャン残留へ…ユーヴェの約33億円オファーを拒否

写真拡大

 リヴァプールがチームに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンへのユヴェントスからの獲得オファーを拒否したようだ。12日付でイギリス紙『デイリーミラー』が報じた。

 ジャンについては、リヴァプールとの契約延長交渉が停滞していることを受け、ユヴェントスが獲得に動き出したと報じられていたが、クラブ側は2300万ポンド(約33億円)の獲得オファーに断りを入れたという。

 リヴァープールのユルゲン・クロップ監督はチームにとって重要な選手であり、また、移籍市場があと約2週間で終了することを考慮してジャンの放出を拒んだという。

 特に今夏のリヴァプールは主力の慰留に徹底しており、バルセロナからの関心が噂されるブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョに対しても異例の“放出拒否”声明を出している。そのため、ユヴェントスがジャンを獲得することは難しいだろうと同紙は伝えた。