首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=14日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、「最近、北の継続的な挑発により、朝鮮半島と周辺の安全保障状況が非常に厳しくなっている」とした上で、「いかなる紆余(うよ)曲折を経るとしても、北の核問題を必ず平和的に解決しなければならない。われわれと米国の立場は変わらない」と述べた。

 米朝間の激しい威嚇の応酬で朝鮮半島の緊張が急速に高まって以降、文大統領が北朝鮮問題でメッセージを発信したのは初めて。

 とりわけ、米中の首脳が電話会談を行ってから局面転換の可能性が出ており、文大統領が「平和的解決」に言及したことに注目が集まる。

 文大統領は「政府の原則は明確だ」として、「韓国の国益は平和であり、朝鮮半島で二度と戦争があってはならない」と強調。「政府は米国など主要国と協力し、こうした状況が深刻な危機に発展しないよう全ての努力を尽くし、朝鮮半島の平和と安定を必ず守っていく」との姿勢を示した。

 また、「韓米同盟は平和を守るための同盟であり、米国も現在の事態についてわれわれと同じ姿勢で冷静かつ責任を持って対応すると確信している」と表明。「朝鮮半島の平和は武力では来ない。平和と交渉が厳しく、遅くても必ずそうしなければならない」と強調した。

 北朝鮮に対しては、「これ以上状況を悪化させず、挑発や威嚇的な言動を直ちに中止することを求める」と促した上で、「北が正しい選択をする場合、南北の交流協力を画期的に発展させ、民族の明るい未来を共に開拓していく」と述べた。