試合途中にシステム変更を決断した大岩監督。しかし、勝利に結びつけられなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ22節]川崎3-1鹿島/8月13日/等々力
 
 大岩剛新監督のもとで好調を維持していた鹿島が、新体制後10戦目にして初黒星を喫した。
 
 川崎戦は序盤から相手にボールを回される時間が続いた。もっとも、CBの昌子源、植田直通を中心に最後の一線は越えさせず、相手の隙を見つけてはカウンターを仕掛けた。
 
 昌子も「危ない時間はありましたが、手応えは悪くなかった。川崎とやる時はいつもこんな感じ。ゼロで耐える時間を長くして、カウンターを狙っていたので、ある程度思い通りの展開だった」と、振り返る。ただ、前半終了間際に鹿島は3バックに布陣を変更。その意図を大岩監督はこう説明する。
 
「前半は支配される時間が長く、変化を与えたくてシステムを変えました」
 
 しかし、直後にオウンゴールで先制点を献上すると、流れは崩れた。後半開始直後の46分には阿部浩之に追加点を許し、72分には家長昭博にも決められた。
 
 川崎の中村憲剛は鹿島のシステムチェンジを驚きを持って受け止めたという。
 
「正直、鹿島が4(バック)を捨てるとは思わなかった。大岩さんはチームに刺激というか変化を与えることで負けていなかったが、鹿島の4(バック)は俺のなかで特別だし、3(バック)にしてきたというのは相当なことだと思う。前半の戦い方が良くなったということなのかなと。その時点で先手を取れたという想いはあった。
 
 さらに相手が仕切り直すところで2点目を取れたのも大きかった。(鹿島の選手は)個人の能力が高いし、その後はウイングバックを上手く使われて決定機を作られたが、やはり前半からボールを動かして的を絞らせなかったのが良かったと思う」
 
「練習では何回かやった」(昌子)という新システムは、「選手は戸惑いながらやってくれた。ただ、こういうレベルの高いゲームではなかなか上手くいかなかった」(大岩)と、奏功はしなかった。
 
 それでも3-4-3、もしくは3-4-2-1と表記できるこのシステムでは、両サイドに開いた西大伍、山本脩人が高い位置を保ち、前線の3人との連係で攻撃を展開できる。事実、サイドからの攻撃でチャンスは作れていただけに、今後はゴールが欲しい時間帯などでオプションとして使える可能性はあるだろう。
 
 川崎戦の敗戦を意味のあるものにできるかは、今後の戦い方次第だ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 3-1鹿島 PHOTO】川崎が3ゴールで首位鹿島の連勝をストップ!