先日、日本で“食用カブトムシ”を提供するお店が話題となっていることを紹介した。そのお店は横浜の珍獣屋。

しかも、食用として提供するのは幼虫ではなく成虫である。カブトムシを食べる「“食用カブトムシ”という概念に驚いた」という声も多かったが、意外にも「食べてみたい」「どんな味がするんだろう」という反応も多数。

前回の記事:
【昆虫食】日本初!? “食用カブトムシ”に困惑 しかも成虫!
http://getnews.jp/archives/1865508

そこで、どう調理して食べるのかお店に問い合わせてみたところ、「普通に油で揚げてそのまま食べる」とのこと。なるほど! だから盛り付けられた皿にレモンが添えられていたのか!! と納得した。揚げ物の付け合せにはレモンだ。

多少、顎の力が強くないと厳しそうだが、油で揚げていれば丸ごとバリバリいくことも可能そうだ。

また、味についても聞いてみると、「土っぽい香り」とのこと。口数の少ない方だったため、あまり多くは語って頂けなかったので、気になる人は実際に珍獣屋でお試しを。

※画像は珍獣屋Twitterより。グロテスクな画像ツイートもあるため、アクセスの際は注意。自己責任で。
@noge_chinjuya
https://twitter.com/noge_chinjuya?lang=ja

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』