画像提供:ひらしー(@Kyoonkichi)さん

写真拡大

ハンドルを回しても水が出ない、上を向いた蛇口がTwitterに投稿され、斬新な水の出し方に驚きと笑いの声が寄せられている。

Twitterユーザーのひらしーさんは、通常とは上下が逆のパイプが上向きになった蛇口に遭遇。この向きで水が出ると噴水のように飛び散ってしまいそうだが、水を出すためには下に付いているハンドルを回さざるを得ない。しかし、右に回しても左に回しても水は出ず、ハンドルはグルグルと空回り。諦めそうになったところでパイプを捻ると、水はハンドルの中心から噴出。パイプ部分がハンドルで、ハンドル部分が吐水口というまさかの仕掛けとなっていた。

常識を逆手に取った蛇口にTwitterでは、「そっちから出るんかい」という驚きやツッコミが殺到。「発想がスゴい」「こーいう遊び心は粋ですね」「家に着けたいw」といったコメントも寄せられ、大きな反響となっている。

この蛇口は、大阪市の水道用品メーカー「カクダイ」の「誰や!パイプ上向けにしたん?」という製品。「Da Reyaアイキャッチ水栓」というシリーズで、遊び心あふれる蛇口や手洗器を多く展開している。お盆期間中のため話を聞くことはできなかったが、「誰にでも発想できる既存の形」を題材とし、子供達が「自分でも発想できる」「自分も作ってみたい」「中身はどうなっているの」と考えてもらうことを狙っているという。

「誰や!パイプ上向けにしたん?」以外にも、ラグビーでお馴染みのアルミ製のヤカン「魔法の水」や、パイプがぷっくり膨らんだ「誰や!メタボにしたん?」、果たし状に手裏剣が突き刺さった「手裏剣蛇口」などの蛇口を販売。また、蛇口が三角こんにゃくに玉子ちくわ、水受けが土鍋の「おでん鍋セット」や、手洗器に猫の足あとがついた「誰や!焼く前に踏んだん?」など、水栓と手洗器がセットになった製品も販売している。