綾瀬はるか、連ドラでは初の主婦役に!日テレ水曜ドラマで金城一紀とタッグ

写真拡大

日本テレビの10月クールの水曜ドラマが『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00〜)に決定。綾瀬はるかが主演を務め、原案・脚本は金城一紀が務めることがわかった。

オリジナルストーリーで描かれる本作の主人公・伊佐山菜美(綾瀬)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに気づいてしまう。実は、菜美は料理も掃除も家事一般はド下手だが、正義感が強く、怒らせたら超キケンだった。なぜ、菜美はスリルを求めてしまうのか? そのワケは夫にも秘密にしている過去にあった……。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美。そんな彼女が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。大切な家族や友だち。守るべきものができた時、女は誰よりも強くなる!?  一生懸命に生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマだ。

主演を務める綾瀬は「連ドラでは初めての主婦役なんですけど、“キュートで明るい”と“強くてカッコイイ”をあわせ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します」と役柄を紹介し、「クスッと笑えるところもあるし、悪いヤツをやっつけるアクションで、スカッとするところもあったり、色んな見どころが詰まった作品なので、毎週楽しみに観ていただけたら嬉しいです」とアピールした。

また、原案・脚本の金城は「女性が主人公のドラマを初めて書きます。しかも、ホームドラマとアクションを融合させようと思っています。高いハードルですが、圧倒的な才能を持つ綾瀬はるかさんが一緒なので安心です」と意気込み、「笑って、泣けて、ドキドキするエンターテインメント作品を視聴者のみなさんにお届けします。ご期待ください」とメッセージを送った。

そして、枝見洋子プロデューサーは「モヤモヤしながらも、我慢してやり過ごさなければいけないこと、誰もがきっとあると思います。そのモヤモヤ、このドラマのヒロインが全部晴らします! 綾瀬はるかさんと金城一紀さんという、ふたつのパワフルな才能が出会って生まれる、キュートでありながら凛としてしなやかな、史上最強のエンタメ作品にぜひご期待ください!」とコメントを寄せた。