一時は単独首位に立つも…終了後のインタビューでは悔しさをにじませた(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。スコアを1つ落とし、トータル5アンダー・5位タイで激闘を終えた。
【関連写真】涙をこらえながらインタビューを受ける松山英樹
以下、松山英樹の一問一答
-悔しいですね
そうですね、はい。
-良く立て直した?
11番ティーショットいいショット打ててたんで、もっといいプレーができるかなと思ってたあのセカンドが痛かった。難しくない状況からミスしてしまったのが、きつかったですし、ミスした原因はトップに立ったからというのは関係ない感じだったので、そのあとのアプローチとパットでしのげなかったのは痛かったです。流れの悪くなる原因を作ってしまった。
-スイングの違和感は関係ある?
それはありますし、そこまでうまく良いショット打てていたが、それがね。やはり11番のバーディチャンスにつけれる一からボギーにしてしまうというのがすごく不甲斐ない感じある。12番もすごくいいショット打ったのに木に当たってラフに行ってピンチになって、そこからどうしようもない感じだった。14、15バーディ取れましたけど、うまく立て直せなかった。
-まだ勝てると希望は持っていた?
13番ボギーでジャスティン(トーマス)がバーディ取って3打差になりましたけど、最後の3ホール難しいですし、ピン位置的にもバーディ獲れそうな気がしたんで、うまくいけばなという感じだった。思い通り14、15と獲れたんで、残り3ホールだなというところで16番のティショットでミスと、まあパットのミスというか、入らなかったということで効きましたね。
-グリーン違った?
そんなに速くなっていなかったが、先週と今週の2日までのパットではなかったですね。
-重圧はあった?
なんか、日本ツアーでアマチュアでやっていたときのような緊張でしたね。ジャスティンが9番で難しいパット決めていましたし、10番でいいパット、ああいう形(最後の一転がりでカップイン)でバーディ取ったので、持っているなと思っていた。その後の11、12、13と難しいホールで素晴らしいプレーしていた。16番もボギーになりそうなところでセーブしたところで17番でバーディ来たのかなと思った。気持ちの部分ももっと成長しないと行けないし、自信を持って打てる技術がないのかなと思った。
-スタート前の緊張は?
それは昨日もあったし、今日の方が落ち着いているなと思ったし、今日の方が良いプレーできそうな雰囲気はあったが、なかなかね。波に乗れなかったですね。
-メジャーとの距離。
どうですかね、ここまで来た人はたくさんいると思いますし、これから勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。勝てる人になりたいなと思う。このギリギリのところでやれるのは楽しいですし、そこで勝てればなおさら楽しいと思うが、これを次に生かしていきたいが、何をすれば勝てるのか分からないですけど。一生懸命練習したいと思う。
-しびれる優勝争い
これを経験したからといって克服できるものではないと思うし、その場数が増えていけばそれだけチャンスが増えているということだと思うので、その1回が当たるようにもっともっとチャンスを増やしたい。
-優勝に1番近づいた?
最後の3ホールまで近いところにはいたんで、そういう意味では近づいたんじゃないかな。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、逆転メジャーVならず…リーダーボードで最終結果をチェック!
松山英樹は涙の敗戦に「気持ちの部分ももっと成長しないといけない」
松山英樹 最終日はトップ5で唯一の“パットで打数を損した”選手に
テキストと軌跡画像で松山英樹の4日間を振り返る
松山英樹の天敵!? ジャスティン・トーマスの素顔