惜しくも5位タイに終わった松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。2位タイから出た松山英樹はスコアを1つ落とし、トータル5アンダー・5位タイで念願のメジャー制覇は来季におあずけとなった。
【関連】悔しい…涙をこらえながらインタビューに答える松山英樹
優勝したのは、松山と同組で回ったジャスティン・トーマス(米国)。トータル8アンダーまで伸ばし、嬉しいメジャー初優勝を挙げた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹は、いつ負けたのか。悔し涙の本当の意味。 【舩越園子コラム】
松山英樹は涙の敗戦に「気持ちの部分ももっと成長しないといけない」
松山英樹 最終日はトップ5で唯一の“パットで打数を損した”選手に
小平智、海外挑戦の決意固める!欧州ツアーのQTを「受けてみたい」
谷原秀人は67位でメジャー最終戦を終える「まだまだ、やっぱ下手」