フィフィ

写真拡大

14日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、タレントのフィフィが、高畑裕太の騒動をめぐる母・淳子の発言に異論を唱えた。

番組では、高畑淳子が主演する舞台の会見で、息子の騒動について謝罪しながらも、「事実でない報道をご修正されないことに疑問を感じたり致しております」と、報道機関の姿勢に言及したことを取り上げた。

MCの坂上忍は「親御さんの気持ちからすると言いたくなるのも分からないではない。でも、一方で映画が頓挫しかけた」と騒動により関係各所に大きな影響があったことを指摘。ゲスト出演したフィフィに「どう思う?」とコメントを求めた。

フィフィは「事実、事実じゃないではなくて、(騒動の)発端を作ったのは自分(高畑)の息子」「そこはぶれない事実だと思う」と指摘した。フィフィは「それをしなければ、こんな騒ぎになったり事件にはならなかった」との見解を示した。

【関連記事】
向井理の大作映画が撮り直しか 高畑容疑者逮捕に伴う新たな影響
辛坊治郎氏 高畑裕太容疑者を大きく扱う報道に疑問「なんで今回例外なんだ」
高畑淳子の謝罪会見に被害者学の専門家が「休業宣言をするのかとも思った」