Blackhole Coffee Roasterのディカフェコーヒー

写真拡大

自家焙煎スペシャルティコーヒー販売「Blackhole Coffee Roaster」より、注目を集めるディカフェコーヒーが新登場。コーヒー豆「オーガニック ディカフェコーヒー メキシコ」と、その豆を利用した「ディカフェ コールドブリュー コーヒー メキシコ 5パック」の販売をWEBストアにて開始した。

【写真を見る】「ディカフェは不味い」という常識を打ち破る、新しいディカフェ・スペシャルティコーヒーの誕生

「ディカフェコーヒー」とは、カフェイン除去の処理がされており、大手コーヒーチェーンが商品化して大々的に売り出すなど、世の中の注目が集まってきている。妊娠中の方や授乳中の方でも安心してコーヒーが飲めたり、就寝前にもカフェインを気にせず楽しめたり、暑い時期には水分補給としてもコーヒーを利用できたりと良いことがたくさん。しかし、一方で、通常のコーヒーと比べて味が劣ると言われていた。

しかし、「Blackhole Coffee Roaster」の「「ディカフェコーヒー」は、コーヒー豆本来の風味を引き出しながら、ディカフェ処理のプロセス臭を残さない焙煎方法にたどり着いた。「オーガニック ディカフェコーヒー メキシコ」(1750円)は、ダークチョコの苦味、焦がし砂糖の甘み、メキシコらしい爽やかな酸味を持ち、長く余韻を楽しめるコーヒー。"ディカフェは不味い"という常識を打ち破る、新しいディカフェ・スペシャルティコーヒーの誕生だ。

また、暑い日にゴクゴクと飲み干したい「ディカフェ・コールドブリューコーヒー」(1900円)も登場。家庭で手軽に本格的な水出しコーヒーができるシリーズに、ディカフェコーヒーが追加された。暑い日にキンキンに冷えたアイスコーヒーは最高!コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、あまり多く飲みすぎてしまうと、水分不足を引き起こす可能性があるが、ディカフェのアイスコーヒーであれば、その心配も全くなし。思う存分コーヒーを楽しめる!

「ディカフェ・コールドブリューコーヒー」は、ミルクとの相性が抜群で、チョコや焦がし砂糖の風味がミルクの甘さを引き立たせる。たっぷりのミルクを加え、好みに応じて蜂蜜や砂糖で少し甘みを足せば、ワンランク上のコーヒー牛乳が出来上がり!ディカフェなので、子供も一緒に楽しめる。

「Blackhole Coffee Roaster」のオーガニックディカフェコーヒーは、美味しい上に安心安全。夏に家族みんなで水出しコーヒーを楽しんでみては。【ウォーカープラス/藤井もか】