【深ヨミ】ももいろクローバーZ『BLAST!』のCDセールスを都道府県別に見る

写真拡大

 ももいろクローバーZが、ニュー・シングル『BLAST!』を8月2日にリリースした。前作『ゴールデンヒストリー』以来約1年ぶり、自身通算17枚目のシングルとなる本作は、初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の全3形態で展開。『ゴールデンヒストリー』のカップリング「DECORATION」や4thアルバム『白金の夜明け』収録曲「マホロバケーション」なども手掛けたinvisible mannersによる表題曲「BLAST!」含む全5曲を収録している。

 初動3日間で28,590枚を売り上げ、その後も約1万枚伸ばして初週累計売上38,212枚となり、8月14日付のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”では3位に入った本作。店舗売上を都道府県別で見てみると、東京、神奈川、埼玉と関東圏がトップ3を占めており、愛知、大阪と西側の主要都市が続く。また、7位には関東の千葉を抑えて静岡が入った。静岡といえば、リーダーであり赤色担当の百田夏菜子の出身地。“茶畑のシンデレラ”といったキャッチフレーズをはじめ、静岡朝日テレビ『とびっきり!しずおか』への出演や、静岡県浜松市の親善大使“浜松市やらまいか大使”としての活動など、頻繁に地元愛を表明してきた百田。地元からの大きな支持がCD売上からもうかがえる結果となった。

1位:東京
2位:神奈川
3位:埼玉
4位:愛知
5位:大阪
6位:北海道
7位:静岡
8位:千葉
9位:福岡
10位:群馬