14日、中国中央テレビが、海外自動車メーカーの輸入ブレーキパッドの多くが2年連続で不合格となったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真

写真拡大

2017年8月14日、中国中央テレビが、海外自動車メーカーの輸入ブレーキパッドの多くが2年連続で不合格となったと伝えた。

報道によると、国家質量監督検験検疫総局が469の輸入自動車用ブレーキパッドを抜き取り検査した結果、50のブレーキパッドが高温下での摩擦係数が基準に達しないなどで不合格となった。

不合格となったメーカーには、トヨタ、ヒュンダイ、スバル、ボルボ、BMW、三菱、フォルクスワーゲン、フォード、KIA、ランドローバー、メルセデスベンツ、日産、スズキなどの大手自動車メーカーも含まれている。

特に、トヨタ、ヒュンダイ、スバル、ボルボの4メーカーでは四つ以上の摩擦係数不合格品が検出され、トヨタが最も多かったという。

これに対し、中国のネットユーザーから、「国産品が最高ということか」、「中国メーカーの品が一番高いということだな。でも私はベンツやBMWを選択する」などのコメントが寄せられた。

さらに、「今後は不合格品だけを使うことにしよう」、「このニュースにはびっくりした。だから急いでトヨタを買おう」というユーザーもいて、不合格ということは全く意に介していないようである。

他にも「外資を攻撃して国内企業を守るということですね」という指摘や、「2年連続で不合格って、なんで何もしないで輸入し続けているんだ?」という意見もあった。いずれにしても何か作為的なものを感じているユーザーが多く、まともには取り合っていないようであった。(翻訳・編集/山中)