キスマイ、4年ぶりアリーナツアーで動員数250万人突破 キャラクター大渋滞の新パフォーマンス(C)モデルプレス

写真拡大

【Kis-My-Ft2/モデルプレス=8月14日】Kis-My-Ft2が、6thアルバムを引っ提げて5月13日より開幕した4年ぶりのアリーナツアー『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM』は、9都市31公演で計35万人を動員。8月11日〜13日までは横浜アリーナ公演を行い、今ツアーでデビューからのツアー動員数は250万人を突破した。

キスマイ玉森裕太×NEWS小山慶一郎×古川雄輝、連ドラで初共演 人気作を映像化<重要参考人探偵>

アルバム・ツアーのタイトルでもある「MUSIC COLOSSEUM」には、7人の果敢な勇者たちが、彼らならではの新たな“MUSIC”の形に挑んでいくという意味が込められており、 今回、まさに攻めの一手となる構成でツアーに臨んでいる。

◆デビュー後初の360度ステージ


今ツアーではタイトル「MUSIC COLOSSEUM」にちなみ、アリーナには「コロシアム」が出現。 新たな「音楽の闘い」を繰り広げるべく、コロシアムステージをセンターに配置。臨場感溢れるセンター360度ステージは、デビュー後のツアーでは初の試みとなる。

また“WILD & STRONG”をテーマにした力強いナンバー「EXPLODE」にのせて、7人の果敢な勇者たちが漲る闘志を掲げて登場するオープニング。ラグビーニュージーランド代表が試合前に披露することでも有名な「ハカダンス」からインスピレーションを受けた、闘いの前の力強いダンスで圧倒し、キスマイならではの「ギラギラでオラオラ」なパフォーマンスで幕を開けた。

◆「キスマイシャンデリア」「キスマイエアウォーカー」…圧巻の演出


「VersuS」は、兄組(北山宏光・藤ヶ谷太輔・横尾渉)と弟組(玉森裕太・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永)による初のVS(バトル)曲。衣装も兄組の「和」に対して、弟組は「洋」で立ち向かい、それぞれタップダンスを披露したりと演出の趣向を凝らしたバトルとなっている。

そしてシングル曲「WANNA BEEEE!!!」と「運命Girl」のマッシュアップ曲で、ローラースケートを使った「キスマイシャンデリア」が出現。7つのシャンデリアが美しく舞う。「One Kiss」ではキスマイが突如ステージ上で空中浮遊して歩き出す、驚愕のパフォーマンス「キスマイエアウォーカー」で会場にどよめきを起こすなど、圧巻の演出を次々と披露した。

◆新キャラ大渋滞!?たまっち率いる7人の“なかまっち”も登場


さらに、玉森扮する「たまっち」はスーパーヒーローばりのパワースーツを身にまとい、その“なかまっち=仲間”として、北山は渋谷系ギャル男の生き残り「渋ミツ」、藤ヶ谷は何故か顔を丸い被り物で覆っている「たいピーチ」、横尾は料理男子の新星「ワッター」、宮田はアニメ大好き生粋のヲタク「みやっち」、二階堂は女子高生チアリーダー「ジョッシー松村」、千賀はジェンダーレス男子「KEN-KING」というキャラクターに扮してステージに登場。キャラ大渋滞で新たなキスマイワールドを繰り広げた。

このほか「君のいる世界」「キミとのキセキ」では結婚式をテーマに、新郎に扮したメンバーがウェディングドレス顔負けの6.7mの長さの白マントを羽織い、一人ずつ「プロポーズ」の言葉を伝えるなど、ファンを魅了した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】