ネイマールのPSGデビュー戦のスタッツ

写真拡大

ネイマールはパリ・サンジェルマン(PSG)でのデビュー戦で全てをやってのけた。この試合でネイマールは多くのプレーに関わり、チームの2ゴール目となるカバーニのゴールをアシストすると、自ら3ゴール目を決めて試合を決定づけている。

【関連記事:チャビが選ぶネイマール後釜】

ネイマールは開始早々の22秒からディ・マリアにパスを送り、その能力を証明している。その後も試合を通してウナイ・エメリ率いるチームを牽引し、控えめなギャンガン相手にそのスピードとテクニックを見せつけている。また、ネイマールは他のチームメイトともコンビネーションを見せ、特にカバーニとは上手く発揮していた。ポジションはウイングではなかったものの左サイドのクルザワのオーバーラップも意識していた。

20分、ネイマールはチアゴ・シウバからパスを受けるとドリブルでゴール正面に侵入し、エリア外から最初のシュートを放つも、これはゴールの上に大きく外れている。その後38分には相手選手にプレッシャーをかけられ、エリア内でディドの接触に倒れるもPKは与えられなかった。

そして後半、相手が疲労を見せ始めるとネイマールはさらに決定的なプレーを見せ始める。イココのオウンゴールでPSGが先制すると62分にはネイマールのスルーパスからカバーニがゴールを決め0-2としている。

さらに83分にはカバーニのパスからネイマールが自らゴールを決めて0-3として試合を決定づけている。