【ビデオ】ニュルブルクリンクでテスト走行を行う2台のアキュラ「NSX」を発見! 噂の「TYPE R」を開発中か!?
ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでテスト走行を行う2台のアキュラ「NSX」が目撃された。実際に騒音計で計測した人間がいたわけではないので確かなことは不明だが、かなり迫力のあるサウンドを奏でていることが動画で確認できる。

これは、NSXのハードコア・バージョンではないかと噂されている。ホンダがこれを「TYPE R」として発売するかどうかは分からないが、若干パワーを増加させるミッドライフのリフレッシュや、何らかの刺激を追加した特別限定車を発売することはよくあることだ。初代のNSXはそのようなモデルをいくつか展開しており、「S2000」でも米国で「S2000 CR(クラブレーサー)」、日本では「TYPE S」が販売された。このNSXがどんなクルマになるのか、映像をご覧になり、是非ご自身で思いを巡らせていただきたい。

NSXについてはこの他にも、非ハイブリッドのレーシングカー「NSX GT3」が販売されるということを先月お伝えした。一番下に用意したもう1つのビデオは、6月にニュルブルクリンクのオープントラックデイでNSXのコックピット内から撮影したものだ。他のクルマを次々に追い抜き、引き離して行く様子を是非楽しんでほしい。





By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】Acura NSX GT311


【ギャラリー】Honda NSX36



■関連記事ホンダ、非ハイブリッドのレースカー「NSX GT3」を発売  【試乗記】Honda NSX。エンジン始動で火が入れば、背後から勇ましい低音が響く:木下隆之 【試乗記】誕生したばかりの新型『 NSX 』、新しい世界観に挑んだことを評価したい:山田弘樹