【詳細】他の写真はこちら

汚れも気にならないし、動きやすいデニムのサロペット。でも、大人が着るには、コーデによっては子どもっぽくなったり、ほっこりし過ぎちゃうことも…。おしゃれなアラフォーママ金子三記さんにサロペットのこなれた着こなしを教えてもらいました!

大人はサロペをフレンチカジュアルに楽しむ!



息子と出かけるときは、動きやすくて、汚れてもいいGUのデニムサロペットが定番です。ともすると子どもっぽく見えがちなサロペットは、赤を効かせたフレンチカジュアルに仕上げるとママでも着やすいんです。インに合わせたTシャツも、GUのノースリーブTシャツ。ベーシックな袖のあるTシャツだと少年っぽくなってしまうので、少し肌見せするノースリーブが、大人にはちょうどいいんです。



ポイントで赤を効かせて女っぽさアップ!





フレンチテイストにするなら、ベーシックカラーに赤を効かせるのが簡単! おしゃれに決まるコツは赤の分量。多いと夏にはちょっと暑苦しいので(笑)、小物は足元とバッグに巻いたスカーフで少なめに。







WEGOのネットバッグにビューティ&ユースで買ったバンダナ柄のスカーフを巻いて、ほんのり赤をON。バラモチーフがあしらわれたバレエシューズはパッサージュミニョンのもの。赤い靴は、スニーカーよりも甲が見えるデザインで女性らしさを感じさせるバレエシューズをチョイス。大人のサロペスタイルにはこれが正解です。

日差し対策にもなる使える小物をプラス







帽子は夏のお出かけの必須アイテム。フレンチカジュアルなら、やっぱりベレー帽! 通気性のいいアングリッドのものがお気に入りです。ゾフのメガネはUVカットされるので、サングラス代わりに使っています。

アクセサリーは涼しげなシルバーに





白Tシャツとブルーデニムの爽やかなコーディネートだから、アクセも涼しげなシルバーで統一。ピアスもバングルもH&Mで購入したものです。

メイクももちろん赤を効かせて









アディクションの赤ネイルに、エトヴォスのシアーな赤リップをつけたら完成! 今回のコーデみたいにカジュアル度が高い日こそ、メイクは女っぽい赤が生きるんですよね。

コーディネート術を教えてくれたのは金子三記さん!





高身長を活かしたハンサムコーデが人気のアラフォーママ。安っぽく見せないプチプラコーデにも定評あり。5歳の息子さんとサロペットでリンクコーデをするのが夢(だけど、息子さんがサロペットを嫌がるので、まだ叶っていませんが…)。取材・文/幸山梨奈