英ロンドンのナショナルギャラリーに展示された、ビンセント・ファン・ゴッホの「ひまわり」の2作品(2014年1月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界3大陸の美術館などに収蔵されている画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の傑作「ひまわり(Sunflowers)」の5作品が14日、ライブ動画を通じて初めて「集結」する。オランダ・アムステルダム(Amsterdam)のゴッホ美術館(Van Gogh Museum)が明らかにした。

 同美術館は公式ウェブサイトで、「フェイスブック(Facebook)で14日、世界の美術館の館長や保存管理者らが、各施設で所蔵する『ひまわり』を紹介するライブ動画を5件連続で配信する」と発表した。

 このライブ動画では、参加施設が所蔵する作品をそれぞれ紹介。グリニッジ標準時(GMT)14日午後4時50分(日本時間15日午前1時50分)に、英ロンドン(London)のナショナルギャラリー(National Gallery)からスタートする。

 同午後5時10分(日本時間15日午前2時10分)にアムステルダムのゴッホ美術館、同午後5時30分(日本時間15日午前2時30分)に独ミュンヘン(Munich)のノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)、同午後5時50分(日本時間15日午前2時50分)に米フィラデルフィア美術館(Philadelphia Museum of Art)と続く。

 最後に登場する東京の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art)については、あらかじめ録画された動画が同午後6時10分(日本時間15日午前3時10分)に配信される。

 オランダの巨匠、ゴッホの最高傑作に位置付けられるこれらの作品は、ゴッホが南仏アルル(Arles)に滞在していた1888〜1889年に制作された。

 配信まで待てないという人のために、複数の美術館が5作品を一度に見ることのできる仮想ギャラリーをフェイスブックの公式ページで公開している。
【翻訳編集】AFPBB News