「クロックス」が米女優ドリュー・バリモアとのコラボを発表

写真拡大

 「クロックス(crocs)」が、女優のドリュー・バリモア(Drew Barrymore)とコラボレーションすることを発表した。ウィメンズとキッズ向けのシューズを製作し、2018年に世界同時発売する予定。
 映画「チャーリーズ・エンジェル」などで知られるドリュー・バリモアは、2016年末にクロックスのブランドアンバサダーに就任。コラボレーションシューズは、クロックスならではの快適さと豊富なカラー展開に、ドリュー・バリモアらしいスタイルのグラフィックやチャームが加えられるという。
 コラボレーション第1弾として「クラシック クロッグ」「クロックバンド クロッグ」「スローン スライド」をベースにした鮮やかな色使いの製品や、専用のチャームをつけた製品を来年2月に発売する予定。5月に発売される第2弾には、限定グラフィックを施したシューズが登場するという。いずれのアイテムも、ブランド公式ECサイトや直営店での販売を予定している。
 クロックスは2017年春夏シーズン、英デザイナー「クリストファー・ケイン(Christopher Kane)」とコラボレーションを実施。意外性のあるタッグはファッション業界から注目を集めていた。