中央アジアに位置するカザフスタン共和国。

ソビエト連邦崩壊後の1991年に独立した国で、日本ともよい関係を築いているといわれます。

※写真はイメージ

そんなカザフスタンにある旅行会社『Choco travel』が制作した『1本のCM』が注目を集めています。

当初、このCMに登場していたのは、一糸まとわぬ姿のキャビンアテンダント(以下、CA)。バストの部分と下半身だけを隠した、かなり過激なCMです。

すると、このCMに多くの苦情が寄せられたといいます。

女性蔑視だ!女性を性的な目で見ている最低なCM。女性を何だと思っているんだ!

こういったクレームに対し、『Choco travel』はCMを変更することで対応します。

が!!!

その対応が、日本では絶対に許されないモノだったのです!

変更後の動画が公開されているので、ぜひご覧ください。

男性にも同じ格好をさせた!!!

なんと批判の対象となったセクシーな姿の女性はそのままに、男性を加えるカタチで「女性蔑視だ」という批判をかわしたのです。

この挑戦的な対応に、賛否の意見が飛び交います。

●賛成意見

こういう対応はスカッとする!クレーム対応のお手本のようだ。日本では絶対に考えられないけど、面白い対応だね。嫌いじゃないよ。ユーモアを感じる対応。謝って撤回するばかりの日本企業にも見習ってほしい。

●反対意見

元々、下品なCMだったけど、さらに下品になっただけ。悪趣味だわ。こんな旅行会社を利用する人がいるのかしら?結局、このCMが何を伝えたいのかが分からない。単なる話題作りでしょ。

ちなみに、当初は公開されたCMは、上記動画の23秒以降だけ。刺激的すぎる映像に、クレームが寄せられるのも当然でしょう。

しかし、クレームに対して「謝罪し、撤回するだけではない」という対応は、とても勇気あるもの。

『Choco travel』の対応の是非はさておき、謝罪・撤回ばかりの企業が学ぶべき点もあるように感じます。

[文・構成/grape編集部]