脳の活性化から美肌まで! 驚異のパワー「アホエンオイル」

写真拡大 (全2枚)

脳の活性化も癌予防も美肌も、すべておまかせ!

刻んだニンニクを低温で加熱した時に発生するのが、「アホエン」という成分。その正体は、ニンニクの匂いの元であるアリシンが変化したものです。このアホエン、脳の活性化、癌や心臓病、脳卒中などの予防、免疫力UPや美肌効果などさまざまな効果を持っていて、その驚異的なパワーは驚くほど。

アホエンの成分がたっぷり含まれたオイルを作って、ドレッシングとして使うのが効果的。作り方も簡単なので、日々の食卓に取り入れていきたいですね!

アホエンオイルの作り方

アホエンオイルの作り方を、簡単にご紹介しましょう。

用意するもの
・ニンニク2片
・オリーブオイル100cc
・耐熱性のコップ

1. 鍋に湯を沸かします。
2. ニンニクの皮をむき、細かく刻んでおきます。
3. 耐熱性のコップにオリーブオイルを入れて、沸いた湯で湯煎します。
4. 湯煎したオリーブオイルが温まったら(絶対に100℃以上に温めないで!)、刻んだニンニクを入れます。
5. 耐熱性のコップを鍋から出して、覚めたらでき上がり。

ポイントは、オリーブオイルを100℃以上にしないこと。100℃を超えると、アホエンは壊れてしまいます。使う時も熱々にしないで、ドレッシングなどに使いましょう。

 

ライター:棚澤明子
監修:川端理香/管理栄養士。プロサッカー選手、野球選手などアスリートの栄養指導の他、TVや雑誌でも活躍中。著作は『カラダの悩みは食べ方で99%解決する(ゴルフダイジェスト社)』、『子どもの身長を伸ばす栄養と食事(大泉書店)』他多数。