レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド

写真拡大

[8.13 スペインスーパー杯第1戦 バルセロナ1-3R・マドリー]

 13日に行われたスペインスーパー杯第1戦でベンチスタートとなったレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドがピッチに送り込まれたのは、レアルが1点を先行して迎えた後半13分だった。

 後半32分にFWリオネル・メッシのPKでバルセロナに同点に追い付かれたものの、同35分にC・ロナウドが魅せる。電光石火のカウンターを発動させると、MFイスコのスルーパスから左サイドを駆け上がり、強烈な右足ミドルを叩き込んだ。得点後にはお決まりのゴールパフォーマンス。しかし、この際にユニフォームを脱いだことでイエローカードが提示された。

 そして後半37分にはPA内に進入して倒れた際に、シュミレーションの判定を取られて2度目の警告を受けて退場となっている。

 試合は後半45分にMFマルコ・アセンシオがダメ押しゴールを奪い、レアルが3-1で勝利した。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集