右サイドバックでフル出場したDF酒井高徳

写真拡大

[8.13 DFBポカール1回戦 オスナブリュック3-1ハンブルガーSV]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は13日、1回戦を行い、DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でオスナブリュック(3部)と対戦し、1-3で敗れた。今季も主将を務める酒井は右サイドバックで先発フル出場を果たしたが、格下相手に完敗を喫し、屈辱の初戦敗退となった。

 前半18分、ハンブルガーSVはエリア内に抜け出したFWボビー・ウッドがDFマルセル・アピアのスライディングタックルを受けると、アピアはこのプレーで一発退場。早い時間帯に数的優位に立ったものの、立て続けに先制機を逸したハンブルガーSV。前半39分にはFWハリル・サバーンに先制点を決められ、0-1で前半を折り返した。

 ハンブルガーSVは10人の相手に後手を踏み、後半も押し込まれる展開が続く。オスナブリュックは後半16分にMFマーク・ハイダーが右クロスを押し込み、2-0。さらに後半26分、右後方からアーリークロスが入ると、ゴール前でクリアを試みた高徳が体勢を崩し、転倒してしまう。高徳のミスを突き、空いたスペースに走り込んだMFアーメト・アルスランが冷静に詰め、3-0に突き放した。

 3点ビハインドとなったハンブルガーSVは後半29分、ハンドでPKを獲得。キッカーを務めたウッドが右足でGKの逆を突いたが、反撃もここまで。1-3で試合終了のホイッスルが吹かれ、ハンブルガーSVは2大会ぶりの1回戦敗退となった。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集