@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

ロータス販売台数ワースト10 10位〜6位

歴代ロータスのグレイテストヒッツに続き、今度は “売れなかった” ランキングをお届けしよう。

10位 ロータス・エクセル(1982-1992):1327台

売れなかったランキング第10位は、エクセルだ。トヨタとパーツを共用したことは正しい選択だった。

しかし、先代にあたるエクラから大きな改良を受けたものの、依然として見た目は美しさに欠ける。ポルシェ944のライバルを名乗るには、そもそも建付けや信頼性の点でかなわなかった。5速ギアボックスやブレーキはスープラのもの。

9位 ロータス・エリート(1957-1963):1078台

初代エリートの革新性といえば、ファイバーグラス製モノコックボディと(当時としては)空力に優れたボディワークだ。

1957年のロンドン・モーターショーではまさにスター級の注目。心臓部は1.2ℓコベントリークライマックスで76psを発揮した。

ただし、低い製造品質(キット販売もあった)、空調の未搭載、過剰な振動が災いし、セールスは伸び悩んだ。

8位 ロータス・エヴォーラ2+0 全モデル(2009-現在):614台

非常に頭を悩ませる現象だ。

というのも、エヴォ―ラの後席というのは、人類がおさまるのはほぼ不可能である。それにも関わらず、カスタマーは2+0仕様を選ばない。

後席を省くことで、
・10kgの軽量化
・£1455(20万円)のロープライス
を得られるというのに。とくにエヴォ―ラ410 AUTO 2+0は、2016年の導入以来5台が売れたのみだ。天然記念物並みの希少性である。

7位 ロータス・エキシージ・シリーズ1(2000-2002):583台

初代エキシージが目指したのは、むき身の公道レーサーに散財してくれるサーキット狂に買ってもらうことだった。しかし問題は思わぬところにあった。

エリーゼとそれほど違いのないフロントフェイス、これが致命傷だったのだ。いったいどこが異なるのか、といぶかしがるカスタマーは、£33,000(470万円)も払おうとしなかったのである。

6位 ロータス・ヨーロッパ(2006-2010):458台

このモデルは端的に言って、エリーゼをベースにしたもう一つの新型モデルだ。それがグランドツアラーという触れ込みで登場したのだから、AUTOCAR編集部も読者も、誰ひとり納得することはなかった。

なにしろ同時期にさらに性能の高いポルシェ・ケイマンが、それほど変わらぬ価格で発売されているのだ。ヒットしなかった理由は考えるまでもない。
 
▶ 「歴代ロータス 1番 “売れなかった” クルマは? 5位〜1位」はこちら