結晶化したガンコな水垢取りには専用の消しゴムが便利【今日のライフハックツール】

写真拡大 (全2枚)

水垢の原因は、水道水に含まれるケイ酸やカルシウムといったミネラル。他の汚れと共に濡れたり乾いたりを繰り返すうちに、洗面所周りにガンコな水垢が蓄積されてしまいます。

結晶化してこびりついた水垢は、専用の『すみずみ消しゴム』で消し去りましょう。

170810_staineraser_02
Photo:藤加祐子

『すみずみ消しゴム』はその名の通り、合成ゴムと研磨剤でできている消しゴムです。ゴムとはいえ、ざらつきがある硬めの素材なので、付属の専用ケースに入れて使用します。水色のリングを先端に向かって、カチッと音がするまで引き上げましょう。

消しゴムの先端を出しすぎるとボッキリ折れてしまうので、磨きながら少しずつ出すようにしてください。

170810_staineraser_03
Photo:藤加祐子

今回は、洗面台の蛇口の裏側をこすってみました。『すみずみ消しゴム』の先端は斜めにカットされていますので、写真のような隙間やタイルの目地などにもフィット。

汚れとともに消しカスが出てきますので、排水口に詰まらないよう丁寧に取り除いておきましょう。

なお、傷がつく恐れがあるため、表面加工が施された製品、金属/プラスチック/メッキ面への使用はご遠慮ください。

すみずみ消しゴム|マーナ

Photo: 藤加祐子