キューバといえば、カラフルなクラシックカーが街中を走るイメージがいちばんに頭に浮かんでくる。アメリカとの国交が回復された直後、ノスタルジックな街の様子は、しばしばメディアに取り上げられた。

だが、ここに紹介するキューバは、サルサにラテンミュージック、陽気なかの国の印象とは真逆、彼らの日常。

『Windows into Havana』と題されたように、大通りを歩いていては決して目にできない世界。小道に入ってはじめて目の前に現れる、新時代とこれまでの古い時代のはざまで息をする「アンニュイなキューバ」だ。

Licensed material used with permission by Gillian Hyland