ティショットは好調!このままの勢いで行きたい!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇13日◇クエール・ホローC(7,600ヤード・パー71)>
海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。首位と1打差、トータル6アンダーから逆転でメジャー初制覇を目指す松山英樹が8番を終えて単独首位に立った。
【関連動画】松山英樹らが語る、最終日のカギを握るのは?
「ヒデキー、マツヤマ」のコールに大歓声を受けてスタートした松山は、2番でボギーを叩くも、その後は我慢のゴルフでパーをセーブ。そして6番パー3でティショットを奥2.5mにつけてバーディを奪うと、次の7番パー5でも2オン2パットのバーディ。連続バーディでトップに追いつくと、その後並んでいたケビン・キスナー(米国)が7番でボギーを叩き単独首位に。最高のかたちでサンデーバックナインに入れそうだ。
その他の日本勢は小平智が14ホールまで消化してトータル4オーバー、谷原秀人はトータル11オーバーですでにホールアウトしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、逆転メジャーVなるか!?リーダーボードで速報中!
メジャー初制覇へ、松山英樹の1打速報!
【松山英樹のドライバースイング解説】フェースを長くスクエアに保つ技術は世界一
よく聞かれる韓国人の強さ…私はレクシーの考えに同感です【キム・ハヌルコラム第67回】
【松山英樹のパッティング解説】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す