新加入ルカク、“夢の劇場”でいきなり2発…マンUは4得点奪い快勝スタート

写真拡大

 プレミアリーグ開幕戦が13日に行われ、マンチェスター・Uとウェストハムが対戦した。

 マンチェスター・Uはエヴァートンから加入したロメル・ルカクが最前線に入る4−2−3−1のフォーメーション。ダブルボランチはポール・ポグバとチェルシーから新加入のネマニャ・マティッチが務める。対するウェストハムはGKジョー・ハートやパブロ・サバレタ、古巣対戦となるハビエル・エルナンデスら新戦力が開幕スタメンに名を連ねた。

 33分、マーカス・ラッシュフォードがドリブルで持ち込みスルーパスを供給。このボールにルカクが反応し、左足でシュートを決めた。前半はマンチェスター・Uの1点リードで折り返す。

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/896761383483838464

 後半立ち上がりの53分、ヘンリク・ムヒタリアンのFKにルカクが頭で合わせて追加点を奪う。終了間際の87分にムヒタリアンのスルーパスに抜け出したアントニー・マルシャルが3点目を奪うと、90分にはポグバが右足でシュートを決めて勝負あり。

 試合は4−0で終了。王座奪還を目指すマンチェスター・Uが開幕戦を白星で飾った。

 次節、マンチェスター・Uはでスウォンジーと、ウェストハムは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 4−0 ウェストハム

【得点者】
1−0 33分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
2−0 53分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
3−0 87分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
4−0 90分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)