暑さで料理欲も食欲もなくなりがちなこの時季。パパッとつくれて、ひんやりつるっと食べられるそうめんは重宝します。でも、家族から「またそうめん〜?」なんて声も聞こえたり…。

「そんなときわが家では、“変わり麺”を使って変化を出していますよ」。そう話すのは、輝く主婦を発掘するコンテストで、食べ物を美しく撮影するセンスが高評価を得て、「ESSE Shu_fu of the year 2016」を受賞した人気インスタグラマーのひとみさん。


なかでもおすすめなのが、話題の雑穀“もち麦”を使った麺だそう!以前から、もち麦麺を食卓に取り入れているというひとみさんに、そのおいしさと魅力を教えてもらいました。

健康・美容効果も期待できておいしい「もち麦麺」を紹介!

もち麦は食物繊維が豊富な雑穀で、ダイエットや美容、健康に気遣う人達から注目されブームとなっていますが、そのもち麦には、麺製品もあるんですよ。もち麦麺を初めて食べて以来すっかりとりこになったもち麦麺製品のなかから、わが家のおすすめをご紹介したいと思います。


まずはこちら!私が暮らす、岡山県発・小山製麺「美人うどん」のもち麦麺。


こちら商品名はうどんですが、ほどよい細麺で食べやすく、そうめんや冷や麦と同じようにゆでて冷水で引き締めていただきます。食感はというと、つるっとしていながら、歯ごたえはもっちもち!そうめんよりもボリューム感があり、小麦のうどんよりも、ぷるんとした感じの新食感がたまりません。わが家では、薬味やチャーシューなど、好みの具材を入れた麺つゆにつけて食べる「つけ麺」スタイルでいただくのが定番。つゆを、ゴマダレやみそダレなど変えるのも楽しいですよ。

●冷うどんだけでなく、パスタ代わりにしてもおいしい!

もち麦麺は、パスタ代わりとして洋風に調理して食べるのもおすすめ。しっかりとした弾力があるので、食感も大満足できると思います。


早速、夏野菜とお中元でいただいたハムなどをさっと炒めて、オイルパスタにしてみました。オイルやソースとの絡みもばっちり。小麦の麺よりも低カロリーで食物繊維が豊富なので、ダイエットしたいときにも強い味方になります。ワンプレートでおいしく食べられるのもいいですよね。

ちなみに美人うどんは、2016年春のグルメ&ダイニングスタイルショーのフード部門で大賞を受賞。雑穀の食感や風味を活かした雑穀入りうどんで、もち麦のほかにも黒米、赤米、黍、玄米と全5種類あります。日替わりで食べてもいいですし、2色3色と色を混ぜても見た目にも楽しく食べられるんですよ。

ビールと相性抜群の「もち麦焼きそば」も絶品です!


夏にぴったりのもち麦麺といえばもうひとつ、もち麦を使った焼きそば麺があります。家族みんなの大好物なのが、備後焼きそば本舗 やまもと商店の「備後焼きそば」の焼きそば。もちもちとしっかりした歯ごたえがあり、食べごえ十分。これを食べたら、普通の焼きそば麺ではちょっとものたりなく感じてしまうほどです。


野菜やお肉をたっぷり入れてつくれば、栄養満点なひと皿のでき上がりです。暑い日に焼きそばを焼いて、汗をかいたあとにビールといただく…なんて、最高の組み合わせですよね(笑)。

つるっともちもちな、もち麦麺。いつもとひと味違う麺料理は、大勢が集まる日にも活躍すること間違いなし。今回紹介したもの以外にも、いろんなタイプのもち麦麺がネットでも手に入るので、この夏みなさんの食卓でもぜひ試してみてくださいね。

●教えてくれた人
【ひとみさん】
夫、2人の娘と岡山で暮らす主婦。Instagramに上げている日々の食卓が、誰もが食べたくなるようなメニューとセンスのある盛りつけで話題になり、現在フォロワーは15万人を突破。著書に、Instagramのなかでも人気の高いパンの写真を中心にまとめた『パンばか食堂〜毎日食べたくなるおうちパンレシピ70』がある。