ウサイン・ボルト【写真:Getty Images】

写真拡大

400mリレー決勝を途中棄権、SNSで感謝「ありがとう、我が友よ」…世界のファン大反響

 陸上の世界選手権(ロンドン)は12日(日本時間13日)、男子400メートルリレー決勝が行われ、このレースがラストランとなったウサイン・ボルトはジャマイカのアンカーを務めたが、左太もも裏の痙攣で途中棄権という悲劇の結末となった。五輪金メダル8個、世界選手権金メダル11個という人類最速男はレース後、自らのSNSを更新。チームメートとファンに感謝のメッセージを送ると、「依然として史上最高」「永遠のレジェンド」など称賛の声が相次いでいる。

 母国の5連覇と自身のラストランをアンカーとして迎えたスーパースターに待っていたのは、悲劇だった。

 最後のバトンを託されたが、猛然と加速するはずのストレートで苦痛で表情を歪めた。スタート直後に左足を引きずるように失速。そのままコースに倒れ込んだ。輝かしいキャリアの最後は、よもやの途中棄権となった。

 100メートル9秒58という世界記録を残したカリスマの姿はもう見られない。しばらく顔を覆って、トラックに突っ伏した後、スタジアムの大観衆に対し、チームメートの支えを受けながら懸命に応えていた。

 そして、沈黙を守ったレース後、自らのインスラグラムを更新した。

「ありがとう、我が友よ。僕のファンには無限の愛を」

 レース直後にチームメートに支えられた写真とともに感謝のメッセージを送った。不世出のカリスマの「悲劇のラストラン」に、ファンも最後の称賛の声を送っている。

やまない称賛の声「ウサイン・ザ・グレート」「今日の伝説、明日は永遠の存在に」

「たった1つのレースであなたが我々に与えてくれた多くの偉大な瞬間を消し去ることはできない」

「永遠のレジェンド」

「あなたは依然として最高です」

「永遠に最速」

「ウサイン・ザ・グレート」

「今日の伝説、明日は永遠の存在に」

「依然として我々の史上最高のランナー… 我が国の誇りを築き、レベルを上げてくれたことに感謝します」

「永遠のチャンピオン」

「キング」

 数々の金字塔を打ち立ててきた世界最速男は、ラストランを金メダルで飾ることはできなかった。しかし、スプリント界に君臨し続けてきたボルトの力走は、ファンの記憶に永遠に刻まれたようだ。