米総合格闘技団体<UFC>のラウンドガール、アリアニー・セレステが、ブリトニー・スピアーズのヒットナンバー「Toxic」(2003年)のカバー(アコースティックVer.)を披露。本家本元とはまた違った魅力があると話題だ。

男性が弾くギターに合わせ、「Toxic」を甘くセクシーな声で、ややスローテンポで歌うアリアニー嬢。少なくとも口パクでないのは確かだ。高音もしっかり出ていて音程も外さず、もはやセミプロ級といったところか。

彼女のインスタグラムには、「アリアニーがこれほど歌えるとは知らなかった」「歌手としてもイケるんじゃない?」「美人だし、歌も上手い。完璧だ」といった絶賛コメントが多く寄せられている。