夏のイベントといえば、いろいろなアーティストのライブが楽しめるフェスが、日本各地で開催されていますよね。大好きなアーティストの生歌を聞けて限定グッズも買えて朝まで楽しめたり、とにかく盛り上がります。そんな盛り上がるフェスにも出会いがあるって知っていましたか?
今回は夏フェスでナチュラルに出会う方法をご紹介します。

1. 好きなアーティストの演奏中にハイタッチで仲間意識

・ 「大好きなアーティストの歌で盛り上がって、そのノリでハイタッチ! 絶対どんな人とも仲良くなれます」(22歳/女性/営業事務)

・ 「音楽の趣味が合う人と付き合ったら来年の夏もフェスに一緒に行けるし、ライブも楽しめそう。同じ趣味を共有できるカップルってステキだと思う」(25歳/男性/不動産)

▽ ライブで盛り上がってハイタッチ! そんなハイテンションな気分のままで出会いを求めている人も多いのが夏フェスです。趣味が同じカップルは価値観も似ているので長く交際する傾向があります。この夏は趣味の合う彼を探してみるのもいいかもしれませんね。

2. 物販をネタに話しかけやすい

・ 「広い会場でグッズがどこに売っているかわからないときに『そのグッズどこに売っていますかー?』とか自然に声をかけられるのでラッキーだなって思います」(24歳/男性/大学院生)

・ 「物販や屋台はどこも行列なので、仲良くなった子に手分けして並ぼうって誘ってます」(28歳/男性/アミューズメント)

▽ 広くてたくさんの人がいるフェス会場は大人数での攻略がオススメ! 「ここに並ぶからあっちは任せた!」など役割分担をするとフェスも楽しめますし、チームワークで仲を深めることもできますよね。

3. キャンプサイトでテントを組み立ててもらう

・ 「女子4人でフェスに来たけど、テントを張るなんてやったことないから困っていたら、手伝いましょうか? って言ってくれた人がいて本当に助かった。男の人ってさすがだな! って思いました」(22歳/女性/貿易)

▽ 朝まで開催されるフェスにはテントを張れるスペースがあって非日常を楽しめます。でもテントの組み立ては力仕事なので女性だけでは難しい場合もありますよね。そんな時には思い切って男性陣に声をかけて手伝ってもらいましょう。手伝ってくれたお礼にジュースやホットスナックを持っていけばOK!

4. 席を外す時に荷物をみていてもらう

・ 「ちょっと仲良くなったグループに荷物をみてくれませんか? ってお願いしたら、そこからずっと行動するようになりました」(28歳/女性/事務)

▽ 荷物をみてもらうというのはなんとなく責任が生じますよね。そんな大切なものを任されたという信頼感が生まれいっきに仲が深まりますよ。

夏フェスも楽しみつつステキな仲間もつくって楽しい夏を送ってみてはいかがでしょうか?