ケージの目的

室内で犬を飼っているけど、仕事に行く時、買い物に行く時、留守番させなくてはならない時、いたずらしてたらどうしようと、不安になることはありませんか?いたずらがひどく、コードを齧って感電してしまうかもしれませんし、破壊活動してしまう犬もいます。

犬を事故や危険なことから守るため、ケージを使いましょう。
また、ケージは犬が安心していられる場所でなくてはいけません。そのため、罰の目的でケージに閉じ込めたりしてしまうと、ケージは安心できる場所ではなくなってしまいますので、罰として閉じ込めたりすることがないようにしてくださいね。

そもそもの犬の生活

家犬の祖先であるといわれているオオカミや、オーストラリアン・ディンゴやパリア・ドッグ等の野犬は、地面に穴を掘って生活している穴居性の生き物です。

そのため、家犬となってコンパニオン・アニマルとして生活している犬も、薄暗い、狭いところが好きで、安心できるのです。

ケージを設置するのにNGな場所

人の出入りが激しい玄関はNG

愛犬が穴居性の生き物であるということを理解していただければ、なんとなくケージの設置場所も見えてくるのではないでしょうか?
人の出入りが激しい玄関は、犬は落ち着いて休むことができませんので、置き場所としては不適当です。ここに置いてしまうと、常に誰かが出入りしますので、犬は誰が来たかとピリピリして、休むどころの騒ぎではありません。また、部屋の中であっても扉のそばや、部屋と部屋の境目近くも同じです。

窓際は危険

窓際に設置する方もいますが、ここも不適当です。冬場は直射日光が当たっていいかもしれませんが、夏場の日差しは犬には厳しいです。いくらエアコンをつけっぱなしにしていると言っても、窓際の温度は上がります。また、万一エアコンが停電や故障で止まってしまった場合、熱中症の危険にさらされます。

部屋の真ん中・隅っこ

ここに設置する方はいないかと思いますが、部屋の真ん中も不適当です。まず、人間が生活しにくいですよね。そして、360度どの方向からも視線にさらされるということは、人間もそうですが、犬も落ち着くことはできません。

では、部屋の一番奥のあまり人が来ないような場所に置かれる方もいるかもしれませんが、実はここも不適当なのです。犬は群れで生活する生き物なので、単独生活は苦手です。人目に届かない場所にずっと一人ぼっちで置かれているのも、よくありません。

犬の状態が分かる場所に置く

また、飲み水がなくなって喉が渇いているかもしれませんし、うんち、おしっこを踏み荒らしているかもしれません。そういった事に、帰宅してからいち早く気付いてあげる必要があります。
また、手の届く範囲に危険なものや、いたずらされたら困るもののそばに置かないようにしましょう。

設置するにあたって、よい場所とは

まず、人の出入りが激しくない場所を選びましょう。外の音も入りにくい場所が良いです。
そして、窓際でないこと。穴居性の生き物なので、明る過ぎるところも良くありません。

そして、留守番や起きたらすぐに確認してあげられる場所に置いてあげるのが、一番いいです。
ご家庭、住居の関係、家具の配置などがありますので、例えばリビングのここ、といった風な明言は避けさせてくださいね。

注意点

あくまでもケージは留守番や、夜寝るときなど一時的に使うのが良いです。
いたずらするからとか、目が離せないからといって、人がいるのに入れっぱなしにするのはいけません。大切な家族の一員なのですから、団欒に混ぜてあげましょう

また、入れっぱなしにすると、いいこと悪いことが区別できない、家族のルールを理解できない、閉じ込められるのが嫌いのまま、大人になってしまいます。そうすると、たまに出してあげると、暴走したり、いたずらしたり、と手に負えなくなってしまいます。

小さい頃からケージに慣らす

小さい頃から、留守番と寝る時はケージ、人がいたら外に自由にしてあげるようにしていると、いたずらしたらすぐ叱れて家族のルールを教えることができますし、ケージの中も嫌いになりません。
大人になってから急にケージに入れると、閉じ込められたことがない犬はパニックを起こしたり、出してもらえるまでずっと吠え続けます。これは声がかれても吠えるので、犬にとっては相当なストレスだと思います。ですから、ケージは小さい時から慣らしておくのがいいでしょう。

まとめ

ケージは留守番や寝るときに使用するような形にしておくと、犬の安全を守れますし、人間はいたずらされることがなくなります。
人間は安心して外出できますし、犬は安心して眠ることができます。あくまでも小さい時から使って、ケージのある生活に慣らしてあげることが重要です。そして、閉じ込めっぱなしにしないことも重要です。
そのような安心感を与えてあげるためにも、設置場所には十分に気を使ってあげてくださいね。