松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

1打差2位で3日目終了も居残り練習、欧州ツアー公式ツイッターが紹介

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。首位のケビン・キスナー(米国)の1打差の2位タイと好位置をキープした。しかし、松山はラウンド後、最も遅くまで練習を重ねたという。欧州ツアー公式ツイッターが夕日が沈む中、パットを練習している写真を紹介した。

 この男には「満足」という言葉は、存在しないのだろうか。

 松山は18ホールを終えた後、さらに練習を重ねていた。欧州ツアー公式ツイッターはラウンド後、「この男だけ、まだ練習している…」と驚いた様子で速報。掲載した画像には、松山がクラブを持って構えを取っているシーンが背後から収められている。そして、松山を覆う空はすでに夕日が沈んだ様子で、今にも闇が訪れそうな気配だ。

 誰よりもホールに残った居残り練習を繰り返している様子の松山。この日は我慢のゴルフとなった。

 1番パー4でいきなりボギーを叩いた。しかし、その後はパーでしのぐと、7番パー5で初バーディー。前半をイーブンパーで折り返した。後半は12、13番で連続ボギーとなったが、以降はパーを拾い続け、首位と1打差の2位タイとメジャー初Vを射程圏に入れながら、第3日を終えた。

前日には元世界ランク1位の盟友が練習の虫証言「彼は毎晩、練習場にいる」

 ここまで54ホールを回り、疲労もあるだろう。この日もスコアこそ伸びなかったが、9番パー4では林の中からスーパーリカバリーを演じ、ファンの大歓声を浴びていた。少しでも運命の最終ラウンドに向け、英気を養ってもいいところだが、この男は違ったようだ。

 前日には、元世界ランク1位の盟友ジェイソン・デイが、松山が練習の虫であることを明かしていた。

「彼は毎晩、練習場にいるんだ。パットの練習をしている。まさに毎日、最後までレンジに残っているのが彼なんだよ」「彼が行っていることや、どんな練習をしているのかということからわかる。こうなることは時間の問題だったんだよ」

 などと証言していたが、周囲も認める努力家は歴史的な快挙を前にしても、スタンスは変わらなかった。

 みっちりと調整を施し、迎える運命の最終ラウンド。誰よりも努力を重ねてきた25歳は、メジャー初Vという歓喜で結実するのか。結果はクウェイルホローCに表れる。