元バルサ司令塔がネイマールのPSG移籍に言及 頭をよぎった過去の退団劇とは?

写真拡大

シャビが思い起こしたフィーゴのバルサからレアルへの“禁断の移籍”

 今夏の移籍市場では、バルセロナから史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)に渡ったブラジル代表FWネイマールが話題の中心となった。

 かつてバルセロナでプレーした元スペイン代表MFシャビは、あるスター選手の移籍劇を思い出したという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 現在カタールのアル・サッドでプレーするシャビは、同紙の取材に対して「予期せぬものだった」とネイマール移籍の衝撃を語った。そして、自身がプレーしていた当時のバルセロナから移籍したあるスター選手と、その姿を重ね合わせた。

「こんなふうに、バルセロナから強い意志で出ていこうとする選手はほとんどいない。僕にとって最後の記憶は、ルイス・フィーゴがバルセロナを去ってレアル・マドリードへ移籍すると決意した時だね。もちろん、ここ(カタール)から何が起こったのかを説明することはできないけど」

「たとえ彼がいなくなったとしても…」

 シャビは2000年夏にバルサからレアルへ移籍した元ポルトガル代表FWフィーゴの移籍を思い出したという。ライバルクラブ同士の“禁断の移籍”でもあり、その対戦ではフィーゴの顔を印刷した偽札からビンにペットボトル、挙句の果てには豚の頭まで投げ込まれる事態になった。ネイマールの移籍に対する衝撃は、そのフィーゴの移籍劇に匹敵すると語っている。

 その一方で、「たとえ彼(ネイマール)がいなくなったとしても、バルセロナは全ての大会に対して競争力を維持できていると思う」と語るなど、シャビのバルサ愛は薄れていない様子。かつてのプレーメーカーの言葉通り、バルサは“ネイマール・ショック”を払拭するような成績を今季残すことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images