香川投入後にドルトムントは「まとまった」 海外メディアが周囲との連携を高く評価

写真拡大

DFBポカール1回戦の後半途中から今季初出場 米メディアは採点「6」を与える

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、12日に行われたDFBポカール1回戦の6部FCリーラジンゲン=アーレ戦の後半16分から、今季公式戦初出場を果たした。

 4-0と快勝を収めるなかでゴールには絡めなかったが、米メディアでは香川投入後に「(チームが)全体的に少しまとまった」と評価されるなど、好印象を残した。

 ドルトムントは前半12分にDFバルトラのゴールで先制。その後、FWオーバメヤンがPKを決めてリードを広げた。後半10分には縦パスに抜け出したオーバメヤンが追加点を決めて3-0。その6分後、香川は3トップの左で先発していたFWシュールレとの交代でピッチに送り出された。

 香川はそのまま左サイドに入った。下部リーグのチーム相手に押し込んだ展開だったこともあるが、香川はタッチライン際に張り付くことなく、中央に流れ、上がってきたサイドバックやインサイドハーフと連携しながらゴールに迫るプレーを見せた。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点では、香川に平均点と言える6点がつけられているが、寸評では周囲とのコンビネーションについて高く評価されている。

「試合開始からおよそ1時間が経過し、3-0とBVBが十分なリードを持った時にボス監督から送り出された。カガワはファイナルサードで攻撃のトライアングルを作る手助けをしていた。ブラックアンドイエローは、それまでよりも全体的に少しまとまった」

香川と交代したシュールレはワースト評価

 すでに楽勝ムードだったとはいえ、香川投入後の方がチームはよりまとまっていたと指摘されている。一方、香川との交代でベンチへ下がったFWシュールレはチームワーストとなる4点と、この日は精彩を欠いた。

 試合は終盤にオーバメヤンがダメ押しゴールを奪い、ハットトリックを達成。格下相手に4-0できっちりと白星をあげた。昨季ブンデスリーガ得点王の実力をはっきりと示したオーバメヤンにはチーム単独トップの7点が与えられ、これに香川や先制点のバルトラら5選手が6点で続いた。

 後半開始早々は攻め込まれるなど守備面で不安を見せたことから、守護神のGKビュルキ、最終ラインのDFソクラティス、DFピスチェク、DFベステ、そして中盤のMFカストロには5点と辛口の採点となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images