ブランジェリーナ、こんな姿が再び見られるのか?

写真拡大

2014年にブラッド・ピットと結婚したものの、呆気なく彼との離婚を申請してしまったアンジェリーナ・ジョリー。その後は長男マドックス君と喧嘩をしたブラッドに対し当局による虐待調査も行われたが、判定は「シロ」。そしてブラッドもカウンセリングを受け親子関係も再び安定していることもあり、「離婚協議はいったん保留にしたのではないか」と伝えられている。

アンジェリーナ・ジョリーによる離婚申請後、「まさか!」と困惑しきりだったブラッド・ピット。しかし当時のアンジェリーナにとってブラッドは疎ましい存在でしかなく弁護士を介してしか連絡にも応じず、ブラッドはかなり痩せ細ってしまいファンを心配させた。その一方で食事に気をつけ体も鍛えていたというブラッドは、「子ども達が遊びに来たら存分に楽しんでほしい」と家にもかなり手を加えたとのこと。そして努力の甲斐あって子ども達との関係はぐんとよくなり、アンジェリーナとも直接話ができるまでになったという。

そんな2人について「離婚協議はいったん保留にした」という報道がある。ある情報筋は、『E!News』にこのように証言しているのだ。

「離婚の話が全く進んでいないのは事実です。今の2人は、今後の成り行きをみようと考えています。」
「でも状況は変わりますからね。ただ現時点では離婚の成立を望んでいない、そういうことです。」

ちなみに芸能情報の真偽を検証する人気サイト『Gossip Cop』は、さっそくこの件につき調査し「協議のスピードはゆっくりになったものの、離婚に向けて動いている」と断定的に報じた。しかも「夫妻は離婚以外の選択肢を考えていない」といった証言も得られたといい、残念ながら現時点では離婚は不可避と考えた方がよさそうだ。

しかし一家に以前のような暗い雰囲気はなく、アンジェリーナと暮らす子ども達もブラッドにはたびたび会っているとのこと。残念ながら‟ブランジェリーナ復活”につながる気配はないというが、万が一夫妻がやり直しを決めたなら、ファンはもとより6人の子ども達は両親の決断をおおいに歓迎することだろう。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)