男子400メートルリレー決勝 脚を痛めて倒れ込み、ゴールを見つめるジャマイカのアンカー、ボルト=ロンドン(提供・共同通信社)

写真拡大

 「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

 男子400メートルリレー決勝が行われ、“人類最速の男”ウサイン・ボルト(30)はジャマイカのアンカーとして現役ラストランに臨んだが、レース中に左足太もも裏を痛め、その場に倒れ込み、ゴールできず。数々の伝説を生んできた最強スプリンターが、まさかの形でトラックに別れを告げた。

 6万5000人の大歓声が悲鳴に変わった。英国、米国に次ぐ3番手でバトンを受けたボルト。誰もが鮮やかな逆転での有終Vを思い描いていた。しかし、30メートルほど走ったところで、左足を痛めて失速。その後、足を引きずりながら何とかゴールまでたどり着こうとしたが、残り20〜30メートル地点で苦悶の表情を浮かべ、倒れ込んだ。

 地元英国が優勝したが、会場は動揺を隠せないまま。数分が経ち、何とか立ち上がったボルトは、仲間たちに支えられ、最後は歩いて大観衆の声に応えながら、ゴールラインを通過した。

 レース後は、自身のフェイスブックを更新し、ファンにこうメッセージをつづった。「ありがとう。すべてのファンに無限の愛を」。誰からも愛された破天荒なジャマイカンスプリンターは、最後まで強烈なインパクトを残し、伝説に終止符を打った。