丈感と色味がポイント!サンダル、ソックス、ボトムスの履きこなし方

写真拡大 (全7枚)

暑い日が続くと、休日はサンダルを履く機会が多くなりますね。そこで気になるのがパンツの丈感。どこまで折るのが正しいのか、野暮ったくならない長さはどこなのか。イマイチ分からない人も多いのではないでしょうか。

足元のコーディネートにおいて、オシャレ感を醸し出すのにうってつけなのは、サンダルにソックスを合わせること。基本的なルールさえわかってしまえば、取り入れやすいスタイリングです。これからの季節、サンダルはまだまだ相棒として活躍してくれます。サンダル、ソックス、ボトムスの丈感ルールをマスターし、オシャレ度をグイグイ上げていきましょう!

 

■ベーシックスタイル

▲ソックス/スタイリスト私物 パンツ/Gramicci (グラミチ)(1万1664円)問: ジャケットリクワイヤード 表参道店 TEL: 03-6427-1961 サンダル/People footwear LENNON CHILLER(ピープルフットウエア レノン チラー)(8424円)問: キャンバス TEL: 03-5639-9669

パンツとソックス、サンダルコーデのベーシックな型です。パンツの丈は基本的にくるぶしあたりが良いでしょう。動いたら、チラッと肌が見えるくらいを目安にしてください。この時に注意する点は、ビジネスソックスのように、しっかりと伸ばして履かないこと。くしゃっとさせて、ゆるさを出すことでカジュアルになります。ソックスがしっかりと見えるので、スポーツブランドのロゴ入りソックスを履けば、よりスポーティーさを演出できます。

 

■1ロール分丈を長くして大人な印象に

こちらは、先ほどの型と比べて1ロール分、パンツの丈が長いバージョン。その分、肌の露出が減るので、大人っぽい印象になります。パンツとサンダルを同色にして、ソックスでハズしてみるのは取り入れやすいスタイリングのテクニックです。

 

■サンダルとソックスの色を合わせて印象チェンジ

▲ソックス/スタイリスト私物

パンツの丈は先ほどの長さのまま、ソックスの色をサンダルと同系色にしました。サンダルとソックスを普段合わせて履くことがない人は、サンダルよりワントーン明るい色か、暗い色のソックスを選ぶのがオススメです。慣れてきたら、アクセントでビビッドな色を合わせるとオシャレに見えます。ソックスはパンツやサンダルなど、他のアイテムに比べて単価が割安なので、バリエーションを増やしやすいところが魅力。コーデの幅を広げるコスパの良いアイテムです。

 

■素足の場合は上下のシルエットに注意

丈は先ほどと同じで、素足のバージョンです。ソックスを履いた時と比べると、ラフさが増します。この時に注意する点は、上下のシルエットを変えること。ゆるいシャツを着るのであれば、ボトムスは細身のものを選びましょう。反対に、ジャストサイズのTシャツを着るのであれば、ボトムスはゆるめのシルエットのものだとバランス良く決まります。

■デニム×サンダルの際は丈はくるぶし

▲デニム/スタイリスト私物

デニムとサンダルを合わせる時は、足首が見えるくるぶしあたりに丈を合わせるとバランスが良くなります。1番細い部分である足首を見せることで、脚長効果が生まれるからです。ただ中央の写真のように丈を短くしすぎると、キャンプやアウトドアには合いますが、子供っぽく、やんちゃな印象になりがち。TPOに合わせて長さを選びましょう。

 

■ショーツは膝見せですっきりと

▲ショーツ/Gramicci (グラミチ)(8424円)問: ジャケットリクワイヤード 表参道店 TEL: 03-6427-1961

ショーツとサンダルを合わせる時にバランス良く見せたければ、膝上丈のショーツを選ぶのがオススメ。膝を隠すと野暮ったく見えてしまいます。年齢的に、膝上のショーツは気が引ける…という方もいるかもしれませんが、あまり気にしなくてOK。膝を見せた方が今季っぽく、すっきりとした印象を与えます。

 

(スタイリング・監修/宇田川雄一 写真/松山勇樹 文/&GP編集部)