男子400メートルリレー決勝 9レーン(左端)を走る日本の4走・藤光謙司、右端は脚を痛めるジャマイカの4走・ウサイン・ボルト=ロンドン (撮影・川口良介)

写真拡大

 陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子の400メートルリレー決勝で、5連覇を目指したジャマイカは、アンカーを務めたウサイン・ボルト(30)が脚を痛めてフィニッシュできず、途中棄権した。多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は、38秒04で銅メダル。世界選手権で初のメダル獲得となった。英国が37秒47で優勝した。

 衝撃の結末だった。会場を埋めた6万人の視線を独り占めしたボルトに異変が起きた。最終走者としてバトンを受け取り走り出すと、数歩で脚がよろめいた。どよめきが起きる中、再び走りきることはできず。フィニッシュラインを越えないまま、落胆の表情で競技場を去った。

 五輪、世界選手権を通じて初めて予選から登場したことが影響したのか。英国、米国、日本と先頭を争う位置でバトンを受け取り、一気に抜け出すシーンを誰もが予想していたが、想定外の事態が待っていた。

 個人種目の100メートルで手にできなかった金メダルはおろか、表彰台にさえ届かず。トラックにうつぶせになり、両手で顔を覆った人類最速の男は不本意な形で数々の伝説を刻んだトラックに別れを告げた。