日本が男子400mリレーで銅メダル ラストランのボルトは足を痛める

ざっくり言うと

  • 陸上世界選手権の男子400mリレーで、日本が銅メダルを獲得した
  • ベテランの藤光謙司を起用して決勝に臨み、38秒04で3位に入った
  • 大会限りで引退のボルトはレース中に足を痛め、ジャマイカは5連覇を逃した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング