飯伏幸太(左)の顔面に強烈なキックを放つ内藤哲也

写真拡大

 「プロレス・新日本」(12日、両国国技館)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」の優勝決定戦(13日、両国国技館)進出を決めている内藤哲也が、決戦前夜に余裕を漂わせた。

 この日はBUSHI、高橋ヒロムと組み、棚橋弘至、飯伏幸太、デビッド・フィンレー組と対戦し、BUSHIが飯伏のカミゴェに屈したものの、試合後の内藤は不敵な笑み。

 「もともと13日の優勝決定戦を見据えてリーグ戦を戦ってきたわけだし、今までのリーグ戦と気持ちは何ら変わらないよ」と平常心を強調し、「じゃあ、オレは先に帰ろうかな。新日本プロレスワールド(新日本の動画配信サービス)で明日の優勝決定戦の相手が一体誰なのか、確認したいなと思います」と、決戦の相手が決まるこの日のメインイベントのオカダ・カズチカ-ケニー・オメガ戦が始まる前に会場を去って行った。